2016年08月15日

錦織選手とトイレの話

錦織選手、銅メダルおめでとうございます。
すばらしいショットの数々。

プレー中のお顔もますます精悍さを増し、めっちゃいい男急上昇中!!

3セット前にトイレブレークをとったという話。私なりに、超納得なり。

実はトイレ作戦は、私もとるのだった。

つまり、仕事に行き詰まる時、何か考え事が煮詰まってきているとき、もっと仕事を続けるけど、何かアイデアが浮かばないとき、私は意図してトイレ休憩をとる。

すると、なんか不思議だけれども、、、トイレ中にフッとよいアイデアが浮かんでくることがある。

それもどうも偶然とは思えないのですわ。

なぜか、溜まっているものを出すと体のデトックスになるから、それがマインドにも影響を与えるのだろうって思う。

今日の錦織選手のは戦略だったのか、本当にブレーク(休憩)をとりたかったのか、考え事をする時間が欲しかったのか、、、わからないけど、とてもよいことだったと思う。

でも、聞くところによると12分間も。。。?

ちょっと休めてよかったね。リフレッシュしたってことだろうね。

宮本武蔵戦術とか言ってるけど、なるほどねぇ。




posted by 鶴千代 in New York at 22:18| 私の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

夫婦は借金も共有するの?

おもしろい記事を読んだ。「夫婦は借金もすべて共有するのか?」

私の元おっととは、借金がもとで別れる事になったが、生活のためと称してあちこちからお金を借りていたのは知っていたけど、
どのくらいとか、月々の返済とか、そこまでは把握できなかった。

でも、すべての金額は、夫婦だから知らないではすまされないと聞いたような気がする。


しかし、ちゃんと記事を読むと、「生活必需品」以外は、それぞれの責任と。

夫が知らないうちに、妻が高額のブランドものを買った場合、それが分不相応な出費であれば、それは夫には責任がないとのこと。


《 弁護士ドットコムによれば、民法には「個人責任の原則」があり、夫婦のいずれか一方が借金を負ったとしても、もう一方は、保証人になっていない限り代理弁済する義務はないそうです(民法762条・夫婦別産制)。ただし、日常家事債務については、夫婦は連帯責任を負うのだとか(民法761条)。》

ま、私たちの場合は、生活費だったといえば、そのカテゴリに入るから、やはり私にも責任があるのだろうね。知らなかったとは言え。。。

む、むずかしいなぁ。。。

タグ:借金 夫婦
posted by 鶴千代 in New York at 00:00| 私の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

黒木瞳に憧れて

黒木瞳が主演の「同窓会 ラブアゲイン」を、気ままにYoutubeで見ている。

45歳って、そうなのか、、、と思ってみている。別に45歳で最後の恋ではないと思うけど。

黒木瞳がとても気になる女優なので、彼女が出ると必ずというほど、見てしまう。
雑誌もそう。

確か、今年50歳だと思うけど、なんなんだ、あのきれいさは! って感じがしない??
しっかり鍛えていると思うけど、顔も全然昔と変わらずきれいだし。

あの人こそ、5歳どころではなく、10歳以上も若く見られると思う。

本当にいつもカノジョを見ると見習おうって思う。

さて、ドラマでは今は「杉山くん」と駆け落ちしたところ!?
来週がまた楽しみ。

しかし、いつでも見られるから、この気ままにYoutubeはすごいねぇ。

posted by 鶴千代 in New York at 12:38| 私の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ケネス・ジェイ・レーンのシルバーペンダント

ケネス・ジェイ・レーンって、マドンナやニコール・リッチーなどのセレブご用達のブランドらしい。

そのケネス・ジェイ・レーンのとーーってもかわいいペンダントを見つけた。

絶対に、これ欲しいーー!とつい叫ぶくらい。

それは、シルバーのいちごペンダント。このブランドの人気商品らしい。

クリアーなカラー、白、ショッキングピンク、ブルー、グリーン、ブラック、ベージュなどの色にシルバーの粒々がついている。

コロンとしていて、へたの部分もまるでいちごのようで、とってもかわいい。

フルーツモチーフのアクセサリーはとても人気があるが、いちごは少女から大人まで受けるだろうね。
永遠の人気アイテムだから。
posted by 鶴千代 in New York at 00:00| 私の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

篠原涼子となすの話

30代が読む雑誌、IN RED を買ってみた。

その第1ページめに、篠原涼子のエッセーが。「ほっこり物語」

題名は、「茄子を愛でつつ育てつつ温暖化に想いを馳せています」

内容は、篠原涼子が家庭菜園をしていて、茄子を育てているとのこと。それが、とっても「かわいい」と、くるんとした茄子って。


へぇ、こういう面もあるのか、、、と篠原涼子が身近に感じる。

これは、とてもよい女優のイメージ作りになるだろうね。内面を感じられて共感を呼ぶというのが。

雨が降るとよかったとか、梅雨が長くて日がささない日が続くと「茄子がかわいそうだな」って想うらしい。

こういう気持ちってとても大事だろう。それを改めて「茄子」というごく庶民的な台所の片隅のイメージから、環境問題に発展するように書いてあって、私もつい、「ほっこり」した。
タグ:篠原涼子
posted by 鶴千代 in New York at 00:00| 私の思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする