2010年08月01日

薬はお水で飲む?

私のパートナーは、薬やサプリなど、きちんときめられた通りに飲む人だけど、そこらへんにある飲み物でゴクリとしちゃうの。

そのたびに、あー、お水で飲まないといけないんだよ。
と諭すけれども、いつも生返事。。。

でも、本当にそうなの?薬はお水以外では飲むといけないわけ?


確かに、鉄分を含む薬とお茶のタンニンは相性が悪いそう。つまり、薬の吸収を妨げると。
しかし、最近の検査ではそれは微量だから、べつにこれといった影響がないことがわかったらしい。


なーんだ、そうか。


でも、薬によっては、牛乳で飲むとかグレープフルーツジュースで飲むとか、そうすると薬の吸収が悪いため、
医者からは止められるそう。

アルコールとともに飲むと頭痛がするとか、、、でも、これは病気のときにはアルコールはもともといけないからね。


だから、あまり神経質に「薬と水」と絶対的に思わなくてもいいみたいだけど、やはりせっかく飲んでも効き目がないなら困るから、
水で飲むことを徹底した方がいいよね。


posted by 鶴千代 in New York at 00:00| 若返るために、ヘルシーなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

白髪の話

白髪、いやですねぇ。。。

私は、白髪が多い方と思う。3−4週間に一度は、白髪染めをしないと、目立ってこまる。

母がもう真っ白だから、それは遺伝か、、、と思うものの、なんとかもう増えないようにしたいもの。


しかし、巷に聞く、「白髪は抜くと増えるのか?」

実験した人がいたそう。でも、抜いても別に増えなくて、一時はすっかり無くなったそう。


でも、その人さぁ。。。20代の男性なんだよね。
若いから、別に抜いても薄毛になりそうもないじゃない?

40代以上には、当てはまらないと思う。

お医者さんも、別に白髪を抜いたからって、増えるという医学的根拠がないそう。
でも、増えるように見えるのは、実は加齢からではないか、と。

実際に白髪を気にしだすのは、そろそろお年頃?が多い。
つまり、ほっといても白髪が増えるわけ。

それよりも、白髪のもとはストレスにも関係するから、ストレスフリーを目指したいね。

posted by 鶴千代 in New York at 00:00| 若返るために、ヘルシーなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

本物のブランドものとエコの関係

エコカーがほしいと思うけど、最初の投資金額が高い。。。でも、長い目でみるといいのか、と思うけど、計算に弱い私にはちょっと難解。

見た目もよくて、しかも燃費がいい車がいいには決まっているが、すごく値段が跳ね上がるから困ったもの。

ほしいのは、レクサス〜。いつか、絶対にゲットしたいなぁ。


エコには、自分でやるものと、ボランティアや寄付を通してやるものとがある。

まず、車は自分でエコを実践することだ。

でも、他にはどんなものがあるか、意外なことで貢献できることを知った。

それは、商品を買った先の会社が、売り上げの一部をエコの団体に寄付しているか知って、意識的に買うことができる。

たとえば、あのお菓子の「コアラのマーチ」は、野生コアラを保護するオーストラリアの団体に売り上げの一部を寄付しているらしい。

ブランドのグッチは、そういったチャリティをずっと続けてきたらしい。
それが、究極的にはブランドイメージのアップと売り上げに貢献されたとか。

そういったエコの戦略もまた視野にいれての展開は、ブランドを確固なものにするって。

なるほど。。。

探すと、いがいにたくさんそういう会社があるとのこと。

私もこれから意識してみよう。
posted by 鶴千代 in New York at 00:00| お金の勉強と実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。